現代新書が送料無料じゃなくても格安価格 |

「治る子と治らない子の違いはここちある」みたいな事が帯に書かれていましたが、発達障害を「治す」ためにどうしたらという本ではありません。一度特別支援学級に籍を置いたら!二度と普通学級にもどれないのではないか。自分自身の信念に、自身と誇りを与えてくれた素晴らしい本でした!自閉症の子供をもつ親です。

早速ご紹介♪

2018年01月08日 ランキング上位商品↑

現代新書発達障害の子どもたち (講談社現代新書) [ 杉山登志郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

医療、福祉、教育などにおける専門職の方も必見です。ただ、軽度発達障害の場合、企業が雇用する際の「障害者枠」には入れない場合があるということにも言及してほしかった気はします。各障害のことや就学のことなども書いてあり、私はとても参考になりました。大学の先生によるカウンセリングなどはしてきましたが、小児科の受診は避けていました。皆さんのレビューを見てこの本が一番反応が良かったので購入しました。就学にむけて「普通学級」「特別支援学級」で悩まれている方にもおすすめです。5歳の娘は発達障害です。この手の本は私の街にはあまり売っていません。最近子供が発達障害と診断され!勉強のために購入。成人してから仕事に就き!あいつはどうも仕事ができないとか!つきあいにくい!感じ悪いと思われるより!最初から障害者として仕事に就き!障害者のわりによくやるなと思われて生きていくほうがずっと幸せなのかも思いました。内容が分かりやすいし!例なども載っていて参考になりました。自分が良かれと思っていたことが間違っていたり!参考になります。臨床現場からならではの示唆と情報に満ちています。 教育方針を考える意味でも臨床を基にした文は旦那さんにも読んでいただけるものだと思います。内容は発達障害の子供の進路選択(特に発達支援学級や支援学校などの活用等)や、周囲の適切なサポートの有無で、同じ障害を持つ子でも、過ごしやすさ・生きやすさやその将来がまったく違ってしまうというもの。知的な遅れのない高機能・アスペルガーのお子さんをもつ親御さん・学校関係者に是非読んでいただきたい本です。後半で、3人の発達障害児の例が示され、教師ならば、これだけの情報でも3人にどのような教育を行うことが必要なのか判断することができなくてはいけないという質問があります。私はこれを読んで!発達障害の子どもの生きづらさを知りました。高機能発達障害にかなり触れています。偏食で死ぬ子はいないから強制しなくてもよい引きこもりになったときはそおっと見守るほうがよいこのあたりの解釈について!『えっそうなんだ』と衝撃を覚えました。ほとんどの人は福祉系の学校を出られた方ばかりなので!必要ないと思われがちですが!意外に発達障害については専門的に勉強してきた方ばかりではないのです。2歳の子どもが発達支援センターの専門家から言葉の遅れを指摘され!発達障害の可能性も否定できないと言われました。自分の子供が発達障害があると知ると!それが軽度であればなおさら健常者として生きられるようにと親としては思ってしまいがちですが!そうでもないんだということがわかりました。著者の医師としての豊富な臨床経験を基に書かれており!分かりやすく説得力があります。こういう子がいわゆる「治った」とみられる状態になり!こういう子はこうなったという実例が挙げられ詳しく説明されています。「一定の年齢になったら本人に告知したほうが結果がいい」はまさにその通りです。発達障害の本ではかなり読みやすいと思います。通常学級に行かせた方が将来のためになる…支援学級から通常学級への移行は難しい…など自分の勝手なイメージやちょっとネットで聞きかじったことを鵜呑みにしそうだったのですが!この本で多く紹介されている実例を通してどれも事実ではないことが分かりました。私もある程度!発達障害についての知識があると思っていましたが!誤解していた部分がいくつもあることが分かりました。どうして!この本をもっとはやくに読まなかったんだろう。。知的障害者施設に勤めていますが!今年も新人が入就するシーズンが近づいてきました。普通学校の中で!毎日苦しい思いをしている発達障害児の保護者の皆さん!これは必読です!どうして教師・学校は!分かってくれないのか?!ともがく毎日ですが!母親である私が本能的に学校に感じているものを明文化・生理整頓してくれる聖書のようでした。発達障害についての書籍の中では一番のお勧めです。生まれつきの発達障害に限らず!二次的な要因(虐待)による発達障害にまで触れています。杉山先生のほかの著書も読んでいましたが!こちらの本は専門的でありながらも具体的な症例を出しながら説明してくださり!発達障害をとても分かりやすく説明してくれています。とてもわかりやすく書いてあります。いまは、あのわからずやの学校関係者にこの本を1冊ずつプレゼントしてあげたいくらいです。 さらに!臨床数が多い杉山先生だけあって!臨床をふまえた文章は何度もわが子と置き換え「普通学級」でいることの意味をもう一度じっくり考えています。これからの時代、私の息子みたいな子たちが社会から疎まれる事なく伸び伸びと生きていけるといいなぁと励まされる本です。教育現場にいる方々にもぜひ読んでいただきたい本です。最近、発達障害の本がよく出ていますが、臨床現場から考察される杉山登志郎先生の本はひじょうにわかりやすく、説得力があります。発達障害のお子さんをもつご両親、すべての学校関係者必読の教科書と言えます。私は3人中、1人を間違えました。発達障害そのもののことを知りたい人にはお勧めの本です。発達障害に関する本はかなり読んでいますが、これはお勧め品です。対応策とか子供への接し方などはあまり書いてありませんが、読んでとてもいろいろなことに納得できました。学校で管理職をしています。文字ばっかりで正直読むのがイヤになりそうですが!じっくり読むと分かりやすく書いてあります。図書館で借りてとてもよかったので夫や祖父母にも読ませたいと思い購入しました。知らないことがありすぎて悩んでいたのですが!子供の将来がなんだか明るくなる本でした。まれに、福祉とは無縁の学校からの採用もあり、そういった人たちへの入門書としては最適です。そこで発達障害について勉強したいと思い!他の書籍購入サイトなどでも評価の高かったこちらを読んでみました。大人になってから自分が発達障害であったことに気づき、こういう本を読みあさっている私には、その意味がよくわかります。発達障害のお子さんをお持ちならば、将来の為にも読んでみると良いと思います。ちょっと落ち着きはないけど!健常者だと思って育ててきた息子が中学になってADHD/LDの疑いがある事がわかりました。豊富な事例を丁寧に解説されており説得力があります。特に、小学校入学前のお子さんにおすすめしたいです。しかし、小学校入学も近くなってきたので、さまざまな立場からの見解を知りたいと思い、小児科医が書いたこの本を購入しました。発達障害と言われると!「将来この子はどうなるの?!」とパニックになりがちですが!どのように親が接し!どのような社会的なサポートを活用すればよいのか!どう将来展望を描けるのかを包括的に示してくれるこの本のおかげで!少し冷静になれたように思います。同じ障害の子供さんがいるママにも薦めたところ!子供さんの将来の為に何をすべきか考え直すきっかけになったとの事でした。